教育・研修について

当院では、現在看護職員の教育体制の見直しを行っています。クリニカルラダー(看護師の臨床実践能力段階の評価)を導入して個々の看護師のキャリア開発を目指し、実践能力の向上を図る取り組みを行っています。また、新人研修は入職直後よりスムーズに職場に適応出来るようにマンツーマンできめ細やかに支援をいたします。

教育方針について

教育目的個々の課題・目標を明確にして看護実践能力を習得する。
4年目以上の中堅・ベテラン職員も明確な目標により新たな能力の向上を図る。
個々の発達に合った教育指導を行い、一人ひとりの成長を促す。

看護部教育目標1. チーム医療において看護の役割を発揮し、質の高い看護を提供する。
2. 自己の学習活動に主体的に取り組むと共に、組織的役割の遂行能力を養う。
3. 地域医療に携わる重要性を認識し、快適な療養環境を維持する。
4. 医療安全は基本を厳守することの重要性を認識し、常に初心を念頭に置く。

勉強会について

現在は教育委員による年間研修計画を策定して外部講師等による勉強会を実施しています。全ての看護職員が地域医療チームの最高水準として質の高い看護サービスを実践できるよう、看護実践、組織的役割遂行能力、自己教育・研究能力の向上を目指し、年間研修計画に基づいて臨床看護の実践能力を育成していきます。

  • 皮膚・排泄について
  • 心肺蘇生・挿管について
  • 糖尿病・緩和ケアについて
  • 尿道カテーテルについて
  • EKG(心電図)について
  • 本年度総括及び次年度計画

研修について

新人研修
新人職員として入職から最初の1年間は基礎研修期間として、先輩職員の指導を受けながら自立することを目標としており、短い期間での無理な詰め込みをせずに、正しい看護感や知識・技術を身につけて行きます。1年目看護師育成計画に基づいて、先輩ナースによるマンツーマンの現場教育と集合教育を並行して実施します。
未就業研修
未就業期間のブランクがある看護師に対して、最新の知識と技術の習得に向けて一定期間の研修を行っています。現場復帰への不安解消に向けて、それぞれの未就業期間と技術・知識に応じて手厚い支援を施し、看護職としての自信を取り戻して復職するための取り組みです。
一般研修
クリニカルラダーを取り入れて個々の段階に合わせたキャリア開発を行っています。 入職直後の新人ナースからキャリアを積んだベテランナースまで、一人ひとりが自分の現状を認識しながらしっかりとした目標設定を行い、カリキュラムに合わせて総合的な能力の向上を目指します。

教育・研修 ポイントカード

当院では職員の意識と知識・技能の向上を目指して、様々な取り組みを行っています。

待遇、新人教育、外部講師を招いての研修など、その内容は多岐に渡り、自己啓発の一環としての教育・研修システムが作られています。入職直後の新人からベテランの職員まで、それぞれの立場で常に向上心を持って取り組むことができるように、働きながら学べる環境を整えています。また、研修により多く参加し、自己啓発に努めた職員には年1回表彰を行い、賞状と賞金の授与が行われます。

  • 私たちの思い
  • 私たちの働き方
  • 私たちの職場
  • 私たちの一週間

トップページへ戻る

ページトップへ